2004年12月22日

塩分とりすぎ

父が糖尿病で食事制限している。



きのう久しぶりに実家に行った。
「全部量って、記録して大変なのよ〜」と母。
塩分は1日7.5g、総量1600kcal。
でもどうやらそのあたり、ちゃんとやってるようで、
そうでもないらしい。

母は遠い昔、病院で栄養士をしていたので、
その頃の勘があるとかいい、
点数制で簡単にやっているみたいだ。

「薄味で、まずいものばっかり食べさせてて、
ほんとにかわいそうなのよ」
と言っているが、
きのうの昼食メニューを見て、薄味なのか?!と疑問。

たまたまそうであって、いつもはもっとシビアなものなのかもしれないけれど。

つゆの素は使ってもいいって言われたから、
と、市販のつゆの素を使って、
蕎麦をつけて食べていたのだが、
そのつゆの分量は目分量だし、
しかもわたしの感覚からして、通常より多い。
「ちょっと、それ多いんじゃない?」
「あー、いいのいいの、薄めるから」
薄めるからって・・・・
父は食べ終わった後、つゆまで飲み干していた。
絶対多いって。

昔から高塩分に慣れている人の、
塩分摂取量を変えるのは、かなりむずかしいみたいである。
posted by かてりな at 08:15| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
食事制限はたいへんですね。塩気ってないと味気ないですから。

ご報告です。いま、ついに「冬ソナ」観はじめました。韓国ドラマ初体験です。もう13話くらいまでいきました。夕飯はチゲでした(笑い)。

日本語と韓国語と同時に聞こえるので(苦笑)、すこし覚えましたよ。チョンマル、ケンチャナヨー、ネー、オー、あしたもまた観ます!
Posted by tama at 2004年12月22日 22:08
おーーtamaさんもついに「冬ソナ」ですか〜!
日本ではいま、字幕のノーカット版をやってます。
(よかったらおくりましょうか?^^)
見てるだけでも、受け答えとか覚えられますね〜。「大丈夫」をみると「けんちゃなよ」と同時変換するようになれます(笑)
Posted by かてりな at 2004年12月23日 01:31
字幕のノーカット版ですかぁ!日本の韓流ブームはすごいですね。でも観ていて感じるのは、不思議な感覚で、日本ととっても似ている街並みや文化や人々。でもちがう言語で。なんだか、鏡の国のような気分になります。鏡の裏と表とか、異次元のもうひとつの未来のような・・・なんというか昔の少年SFのような。しかし、13話あたりで、隠し玉でてきましたよ。「こーきたかー!」って感じ(笑い)。字幕ノーカット版は、本格的に韓国語を勉強したくなったらお願いしますね。いまは、とりあえず、英語だけにしておきます(爆)。あー、頭いたいな(苦笑)。会話上達のためにオーストラリア人の愛人でも作るかな(笑い)。あ、でも、ほんと、わたしもケンチャナヨーは覚えましたよ。今度、韓国人つかまえて言ってみようっと(笑い)。カテリナさんも韓国語の勉強が進みやすくていいですよね。

Posted by たま at 2004年12月23日 08:17
韓流すごいんですが、なんか変な気もします。乗ってるような外れてるような?
韓国って行ってみても、ハングルで書いてなければ、ほとんど日本とおんなじって感じです。言葉も似てるし、兄弟なんじゃないかという気も。(どっちが上だとかって争わないで〜〜!笑)
ちなみに、こんな環境ですが、勉強進まないですね〜〜もうちょっとがんばります!
tamaさんみたいに英語ができるほうがいいな、と思うので、英語もいつかやります!(たぶん・・・)
Posted by かてりな at 2004年12月24日 11:46
糖尿病食は点数制で間違いないし、あまり窮屈に制限すると続かないから
ゆるめでいいと思うよ。ゆるめも限度はあるけど。
食事制限プラス十分な睡眠と軽い運動の継続を心がけて下さいませ。

冬ソナは韓国語のドラマだけど韓国色は薄くて
主人公たちの暮らしぶりは東京やニューヨークの若者と
変わらんような気がします。
あ、だからヒットしたのか(笑)
Posted by sugi at 2004年12月25日 19:57
sugiさん、ありがとうございます。
確かに窮屈だといけないですね。
食事制限はいまのところなんとかなってるみたいですが、「軽い運動」の方がどうも・・・・だめみたいです。ちょっと体動かせばいいんだけど〜〜!
冬ソナ、確かに東京やNYと変わんない感じですね。それがヒットの理由といえばそうかも〜〜!
Posted by かてりな at 2004年12月26日 12:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。