2005年02月20日

エチュード1

Tさんと約束をしていたのだが、
大幅に遅刻をしてしまい、駅から電話した。
Tさんの指示は「池袋西口から電話するように」だったから。
そこで、池袋西口のエスカレーターを上がったところで、電話をした。
「そこに交番があるでしょ?」
あまり西口に来た事のないわたしは、すぐにわからなかった。
一緒にいたAちゃんに「交番ってある?」と聞いて探してもらう。
「あったよ〜あっちに」
交番は右手のならびにあった。
「はい、ありました〜」
「そうしたら、その方向に1番街って表示がある道があるんだけど」
目が悪いのでよく見えない。
しかし、道がいくつか分かれているそのひとつに、そんなような文字が見えるようだった。
「見えました〜」
「じゃ、その道をまっすぐ行って。途中まで行くから」
というわけで、わたしとAちゃんは1番街と書かれた道を歩いていく。
すでに時間も9時近くなっていて、
繁華街と思われるそのあたりは、いろんなひとが行き交っていた。
きらびやかなネオンのあたりでは、
呼び込みらしい兄ちゃんがふたりたっていたし、
若者の集団もしょっちゅうすれ違うし、
そんなに若くない人たちもたくさんいた。
「池袋ってやっぱり新宿と違いますね」とAちゃんがいう。
どっちの繁華街もたいして洗練されているとは言い難いかもしれないが、
池袋の方が、なんとなく懐かしさが上かもしれない。
以前友達の家に行くのに、この周辺を歩いたことを思い出したが、
すでに友達の家の在りかも忘れた。
Aちゃんは今新宿で働いているのだが、
以前は池袋でも働いていて、この界隈はよくきたのだと話してくれる。
感心していたら、向こうからTさんがやってきた。
小雨がふっているのに、Tさんは傘もささずにやってきた。
短い挨拶をしながら、Tさんがすでに別の友達と入っている店に向かった。
わたしは傘をTさんにさしてあげたかったのだが、
わたしよりもずっと背の高いひとなので、それは無理なことだった。
まだ濡れるには寒い2月なのに、ちょっと心配だったが、
Tさんは普段から「汗かき」だったので、考えないことにした。


posted by かてりな at 09:29| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2038124

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。