2007年05月17日

その日まで

(その日まで)
<いま考えたいヒロインの気持のためのノート>


いつも心のなかでは逃げていた。
友達だってあんまりいなかったし、
家と学校のあいだで、絵を描いて過ごすのが一番好きだった。

ただ風に揺れるだけの風景。
空の色や木々の色を見て、それを書き留めておけば、
いまの自分をそのまま全部受け止めてくれる気がした。

誰にも頼れない自分、そういつも思っていた。

それなのにある日突然、
まっすぐに見つめるひとに出会った。
こんなふうに見られたことはない。

きっと一瞬のことなんだと思った。
通り過ぎていく、いつものことだと。

でも不思議に思った。
心の隅に何かがひっかかるみたいに。
わたしの何かが壊れたみたいに。

忘れそうになったころ、
またその人に出会った。
唐突なのに、わたしのことをまたまっすぐ見つめた。

わたしが何も言ってないのに、
彼は何かとわたしのそばにいた。
いつもまっすぐ見つめにくるために来たように。
それがあまりにもまっすぐなので、
とても見つめることができなかった。
見つめることが、なぜか怖かった。

わたしに幸せなときなんて訪れると思ってなかった。
いつもいつも何かから逃げていたから。
そして、自分が幸せになるはずがないと思っていた。

なのに、わたしはまっすぐ見つめる彼のことが、
いつしか頭から離れなくなってしまった。
世の中には本当に幸せな瞬間が、まだ残っていたんだという気がした。
彼といれば、悲しかったことも、みんななかったことになる気がした。

そしてその一瞬だけでも、忘れていたかった。
ずっとずっと忘れてしまえればいいのにと。

とうとうどうしても行かなければならないその日。
彼がくれた小さいプレゼントを握り締めて、
わたしは夜綴った手紙を渡した。

彼とした約束が、きっと守られるようにと願って、
望みはきっと叶うと思って、
彼にまた会えると信じて、
わたしは去った。


心残りがあったけど、
きっとわかってくれる気がしていた。


posted by かてりな at 18:11| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
交際相手や結婚相手が浮気をしていると知った時の悲しさはとても辛いものです。お金では癒されないかもしれない。でもお金がある事で相手との幸せだった時間が戻ってくるかもしれない。私はそんなあなたの力になりたい
Posted by 浮気 at 2011年04月12日 11:39
話題の出会い専門のSNSサイトがついにオープン☆今までの普通の出会い系サイトとはひと味違う全く新しい出会い方で人気を呼んでいます♪今、本当に出会いたい人のためのSNSサイトで新しい恋、探しませんか?
Posted by SNSサイト at 2011年04月28日 21:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。