2004年10月22日

「散る。アウト」発売

いつからか忘れたけれど、
盛田隆二氏が新作を書いていることを聞いていた。
それが○月に出るのだ。とも聞いた。

しかし、数ヶ月あとだったその月が来ても、
なんの展開もなかった。

実は○月に脱稿するのだ。
という予定も聞いていたのだが、
風のように去っていったこともあった。


かすかな記憶に頼れば、
確か1年くらいも前だったか。
Sせんせと同時期で新作を出版予定、だと聞いた気がする。
確かに聞いたと思う。

しかし、それも淡雪のようにどこかに行ってしまった。

Sせんせの新作も出てないし、
盛田氏の新作も出なかった。

冒頭部分まで公開してくれている盛田氏の様子からすれば、
その新作は間違いなく書かれているのだった。

そして・・・やってきたのは、この夏が終わるか終わらないかのある日。
新作の脱稿が宣言され、
ついに本日がその発売の日なのである。

この道のりを考えれば、
読まずとも、その小説が大変なことになっていると想像がつくのである。

がんばれーーチラウト!


気が向いたら本屋へ調査〜〜〜!
posted by かてりな at 12:18| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/865555

この記事へのトラックバック

『散る。アウト』
Excerpt:  ルミネ有隣堂の未入荷、ポルタ丸善の未入荷を経て、横浜そごう7階の紀伊国屋書店で店頭に並ぶ前の商品をGET。  今晩あたりから、取り掛かる予定。
Weblog: 深海日誌
Tracked: 2004-10-22 14:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。